スノモノモ

映画アニメ漫画の感想、日々の雑記

映画「実写版 心が叫びたがってるんだ。」

 

2017年7月22日公開の「実写版 心が叫びたがってるんだ。」を見ました。

 

何かと問題になる原作アニメ漫画の実写化…

今作を有りか無しかで言うと、ずばり「有り!」です。

ちなみに私は原作アニメの大ファンです(°▽°)順ちゃん可愛いよ順ちゃん

 

 

中島健人の丁寧な演技が光る!

主人公の坂上拓実役にはSexy Zone中島健人

アイドル起用のキャスティングだけでアレルギーが出てしまうかたもいるかもしれませんが(私もそうでした笑)、とても良い演技をされていました!

 

坂上拓実は、DTM研に所属する少し地味めな男子。

ヒロインにも「顔もあんまり良くない」「脇が臭い」などと罵倒されてしまう少しイケメンからはズレた存在なんです。

 

イケメンのアイドルが演じるということで、やはり見せ場は王子様オーラが凄い。キラキラです。

しかし、坂上の微妙に地味な感じ、控えめな性格、不器用に優しい所…これらの特徴をとても丁寧に演じていると感じました。

 

 

 

▼原作アニメよりもサクサク進む脚本がプラスの魅力に!

原作アニメは、じっくりと感情移入させる緻密な演出も魅力のひとつだと思っています。

 

しかし実写版は、サクサクとストーリーが進んでいきます。

淡白になってしまいそう…と心配になりますね。

 

しかししかし!

人間関係にクローズアップしたやり取りや細かい描写が増えていて、とても楽しめました!

 

特に、野球部のエース大ちゃん(寛一郎)と後輩達のやり取りのシーン。アニメよりもドラマチックで、感情のこもった泣きの演技は実写版ならではでした。

 

 

そして、実写版で個人的に特に気に入ったポイントを。

 

坂上がマジックテープのバリバリ財布を使っている!

これは笑いました(笑)優しく微笑むイケメンが、ナチュラルに財布をバリバリしていて(笑)

坂上のキャラクターを考えると、確かにマジックテープの財布使ってるかも…と妙に納得してしまいました。小道具への細かいこだわりを感じます。

 

 

▼実写版だからこそのミュージカルの華やかな舞台

アニメでは、分かりやすく学生の作った舞台という感じがしてそれもとても良かったです。

しかし、実写版だからこそのダンスと少し豪華な衣装と舞台…とても素敵でした。

 

音楽も歌もとても良くて、期待以上でした。

 

 

 

 

 

▼まとめ

最近、続けて原作ありの実写版を見ていますが、心が叫びたがってるんだはなかなか良い実写版だったと感じました。

この映画を見てアニメ版にも興味を持ってもらえたら嬉しいなと思います。

 

原作ファンが見に行っても楽しめると思います!

実写版を見ることで、アニメにしかない良さを再確認出来たり…。実写版にしかない描写でさらに感情移入出来たり…。

気になっているかたはぜひ見に行ってみてください!